世の中のIT化が進み、様々な分野で活躍するITエンジニアが存在します。
日進月歩で進化するIT業界においては、次々生まれてくる最新技術に対応しながら成長していかないと、競争に打ち勝っていくことができません。

データベースエンジニアで今後も仕事をしていくことを希望しているのなら、主流となっているリレーショナルデータベース(RDB)に関する知識やスキルを身に付けて向上させていくことが、将来的にも強みになる可能性が高いと言えます。
もともと企業の内部に蓄積されたデータというものは、それぞれが持っている価値が均一というわけではありません。
企業の成長が著しければ著しいほど、それに比例して蓄積されていくデータの量も大きくなります。膨大な量のデータの中から重要なデータを迅速に効率よく取り出すことが、システムを運用する上で必要不可欠な課題なのです。

それをクリアするためには、発想の転換を行い、企業が行っている事業の目的から演繹することによって、データ各々の分解格納レベルでどのようにバラバラにしていけば、再度取り出しと組み立ての際に効率的かという点について、研究していく必要があります。
そのためのアーキテクチャとして現代の企業におけるシステム上で安定して使用されてきているのがRDBです。
フリーエンジニアとして将来的に大きな成長を目指しているなら、このRDBについて本質を理解し、活用できる努力をすることが有効です。
もしくは、転職するというのもひとつの方法と言えるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です